2022年4月から 成人年齢は20歳から18歳に引き下げ | 奈良県で助成金申請や給与計算などをおこなう、社労士総合労働相談事務所 陽だまり

お気軽にお問い合わせ下さい

090-2019-1096

受付時間9:00〜17:30

定休日土日祝日

ブログ & お知らせ

BLOG & INFOMATION

2022年4月から 成人年齢は20歳から18歳に引き下げ。

2022年がらみの話題が続きます…。

明治時代から約140年間、日本での成人年齢は20歳と民法で定められていました。この民法が改正され、2022年4月1日から、成人年齢が18歳に変わります(民法第4条)。

これによって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。

また、女性の婚姻年齢も18歳に引き上げられ、男女ともに婚姻開始年齢は18歳となります(民法第731条)。

成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになります。例えばクレジットカードをつくる、携帯電話を契約する、一人暮らしのアパートを借りることも親の同意なしに行えるようになります。

ただし、飲酒、喫煙、競輪・競馬・競艇・オートレースの投票券(馬券など)を買うことは従来通りできません。大型・中型運転免許を取得することも20歳になるまで行えません。

政府は契約ができる年齢が18歳になるにあたり、消費者被害を拡大させないため、啓発活動や学校教育等を行っています。しかし、10代の若い従業員のいる事業主の皆様にも、来年からの18歳成人、気に留めて下さればと思います。

法務省のリーフレット 「成年年齢は18歳になります」

ページトップボタン