9月は「職場の健康診断実施強化月間」です | 奈良県で助成金申請や給与計算などをおこなう、社労士総合労働相談事務所 陽だまり

お気軽にお問い合わせ下さい

0744-35-2308

受付時間9:00〜17:30

定休日土日祝日

ブログ & お知らせ

BLOG & INFOMATION

9月は「職場の健康診断実施強化月間」です。

厚生労働省では毎年9月を「職場の健康診断実施強化月間」とし、集中的・重点的な啓発を行っています。

健康診断は労働安全衛生規則第44条に定められた、会社の義務です(採用時と原則1年に1回)。

       

実施の対象は「常時使用する労働者」で、正社員だけではありません。

パート等については、

・1年以上(有害な業務や深夜業等に従事する者については6カ月以上)継続勤務する予定の者、または

・1年以上(同、6カ月以上)相当勤務している者であって、1週間の労働時間がその事業場の通常の労働者の4分の3以上の者

については、健康診断を実施しなければなりません。

新型コロナの影響で、健診機関の予約が取れないなど、法定の期日までに健康診断を実施できないことも考えられるところです。早めの実施計画を立て、確実に実施しましょう。厚生労働省は、新型コロナによる健診の受診控えに対しても、健診機関では感染防止対策に努めていることを呼びかけています。

リンク→厚生労働省「職場の健康診断実施強化月間」について

    

「産業保健総合支援センター」の地域窓口を利用していますか?

労働者50人未満の小規模事業場では、法令上「産業医」の選任義務がありません。そこで、規模50人未満の事業場とそこで働く労働者を対象に、産業保健サービスを充実させることを目的として、「地域産業保健センター」が設けられています。

センターでは以下の産業保健サービスを原則として無料で提供しています。

・健康診断結果についての医師からの意見聴取

・メンタルヘルスを含む労働者の健康管理についての相談

・長時間労働者に対する面接指導

地域窓口は全国47都道府県にあります。奈良県の総合支援センターの案内は<こちら>です。

健康診断を実施することは、法令遵守のみならず、社員の健康づくりの第一歩として、生産性向上・組織力アップにもつながるといえるでしょう。そのためにも、健康診断と結果のフィードバックはしっかり行いましょう。

ページトップボタン